★★★ドキドキ~Kintonton~ザワザワ★★★

自分の好きなことに関して…人生観・教訓的な…。個人的意見をダラダラと書き綴る…。

★★★孤独な詩…愛詩雨★★★

 

www.kasi-time.com

♪♪♪~いつも…死ねないで…死ねないで…朝日を迎えて泣いたこと~♪♪♪

 

こんな…精神状態のときは、堂本剛の詩が聴きたくなる…。

堂本剛が作り出す…詩の世界『死』という言葉が多く使われている…。

それは…彼の心の声…心の叫び…彼が経験した過酷な状況…。

堂本剛という…生身の人間の心の傷から生まれた詩だから…。

だから…彼の詩は多くの人の共感を呼び…愛されているのかもしれない…。

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ここから先は、かなりネガティブな書き込みです。

嫌な気分になるので…要注意…!!

どうして…ネガティブな出来事を書き残すのかというと…、

それは…自分の心を元に戻す作業だから…。

自分の感情を全て…出しきり…書き残し…吹っ切るために書きます。

自分の中の嫌な心根の部分を全部吐きだして…スッカラカンにして…。

また明日から、楽しいこと…バカなこと…熱中してることを書き留める為に…。

ほんの少し…愚痴らせてください。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりね…。

楽しいことが続くと、必ずといっていいほど…最悪なことが起きる。

 

二十数年前…。

今まで生きてきた中で、最も残酷な言葉を投げつけられた日。

その言葉を一日たりとも忘れたことはなかった…。

 

そして今日…。

あのときの言葉を放った人間もどきによって、再度…心を壊された…。

 

私の感情を一瞬…ほんの一瞬…抑えることができた…はずだった…。

でも…その憎悪という感情は、私の心から溢れんばかりに噴き出してしまった…。

言葉にオブラートなど…必要なかった…。

心のままに…思うがままに…包み隠さず…罵倒した…。

その言葉は言ってはいけない…一線を越えてはいけない…。

人間として絶対に言ってはいけない言葉を投げつけてしまった。

『こんな…恐ろしいことを言うなんて…人間じゃないよね。

 でも、私が二十数年前に言われたことを思うと…悪いなんて思わない。』

 

罵倒とは…こういうことだと思った。

とても…とても…ここでは書き残せない…数々の醜い言葉…。

 

そんなことがあって、数時間後…メールがきた。

『あの時のことを許してほしい…ごめん。』 と…。

 

頭では…わかってる…。

許してあげるべきだと…。

 

でも、心というものは…感情というものは…

自分ではコントロールできないもの…。

そんなことができたら…この世の中に鬱病なんて病気…存在しなくなるはず…。

 

先日…このブログで『座右の銘』について語ったことがある。

『自分のしたことは必ず自分に返ってくる…。』

まさに彼は、この言葉通りになった…。二十数年の時を経て…。

 

彼が私に酷いことを言い放った頃は、若くて自信満々で…何に対しても強気だった。

全てのことが自分の思い通りに突き進んでいき、誰も彼を止められなかった。

常に人に囲まれて…中心的人物だった。

 

そして今…彼の周りには誰もいなくなった…。

二十数年前に言い放った酷い言葉が…自分に返ってきた瞬間だった…。

 

私の頭に浮かぶ…。

若かりし日の強気の彼の顔…。年老いた現在の弱気な彼の顔…。

自業自得…。身から出た錆…。因果応報…。

 

よしっ…!!!

気が済んだ…!!!

 

あとは…KinKi Kids堂本剛堂本光一…この二人の歌声に助けてもらおう。

壊れた心を修復できるのは、彼等しかいない…。 

こんなときのために存在するんですよ…。二人は…。

そんなことはない…。(苦笑)

 

♪♪♪~こわれかけた心は

    紛れ込んでしまった闇の中で

             聴こえたものを紡いだ

       はばたく痛みと胸につもる想いを~♪♪♪

 

               (by  KinKi Kids    むくのはね)