★★★ドキドキ~KinKi Kids~ザワザワ★★★

自分の好きなことに関して…人生観・教訓的な…。個人的意見をダラダラと書き綴る…。

★★★500円の恨み…いつまでも★★★

f:id:Kintonton110takamin:20170823010144p:plain

 

世の中には、根に持つタイプの人間と…根に持たないタイプの人間がいます。

皆さんは…どちらのタイプですか…??

えぇ~。私は断然…!!  圧倒的に…!!  根に持つタイプの人間です。(笑)

理不尽な出来事があったなら…。

毎夜…毎夜…その出来事を思い出し、半返し縫いのような…反復練習のような…。

決して忘れることのないように…脳に刻み込む作業を行います。

(↑↑↑ 怖っ…!!  ドン引きやなっ。)

 

私が中学1年生だった頃…。

クラスメイトの一人から… 『ちょっと…500円貸して…。』と言われた。

正直…お金の貸し借りは嫌いだし…クラスメイトと言っても普段…話す間柄でもなく…。

一瞬、躊躇したが…500円って微妙な金額なだけに…断りきれなかった。

(貧乏人の娘にとって…500円は大きい存在だ…。)

その後…何日経っても500円は返ってこなかった…。

私は毎日のように… 『500円…どうなったん…??』と心の中で問いかける。

その子の顔を見るたびに、心の中で問いかける…。来る日も…来る日も、問いかける。

ある日…私は一大決心をする。

『なぁ…なぁ…、この前貸した500円…返してくれへん…??』って。

(よっ、よくぞ言った…!!!   こんな常識のない人間には言ってやれっ…!! 拍手喝采の嵐)

すると…強烈な一言が返ってきた…!!

『まだ覚えてたん…??   キャハッハッ…!!!   セコッ…!!!』

体を海老のように上下運動しながら…手を叩きながらの大笑い…!!

その子の連れに対しても…『この子…たった500円のことを、まだ覚えてたんやてっ』

そう言いながら、3人で大笑いされ『セコイ奴…!!』そんな不名誉なレッテルを貼られた。

結局…私の勇気ある行動は無駄に終わり…ただ単に馬鹿にされる結果となった…。

 

ここで勘違いされたくないのは…500円が惜しいから根に持ってるわけではない。

親切にお金を貸してあげた私に対して…謝罪とかお礼とかの言葉ではなく…。

『セコイ…!!』という意味不明な言葉を投げつけられたからである…。

はぁん~???

あなた…外国の方ですか…???    日本語知ってます…??

『セコイ…!!』って意味…知ってます…??

(セコイとは…細かくてケチなことや、ずるいことを意味する。)

この場合…完全にあなたのことですよねぇ~!!!

 

ちょっとここから…私の悪魔の心で喋っていいですか…。(笑)

『人にお金借りといて…返しもせんと…どんな神経してんねん…!!』

『セコイ…じゃなくて…ごめんなっ…ありがとう…っ言うのが普通やろっ…!!』

『たった500円…って言うんやったら…サッサッと返せやっ…!!』

もう…何十年も前のことやけど…今でも、あの時と同じ感情で怒れるわっ。(笑)

 

私…普段は全然…気前もよくて…人に奢ったりするのも苦にならないタイプやけど…。

計画的ケチ人間に対しては、1円たりとも出したくないねん。

たとえば…自動販売機でジュースを買うとき…。

『細かいのがないから…出しといて…。』って、毎回言う奴…。

そんな奴には絶対に出さない…。

『細かいのがないんやったら…大きいのでもええやん…。千円札入るでっ。』って。

それでもグチャグチャ言ってたら…。

『お金がないんやったら…飲まれへんなっ…。』って、冷たく突き放す。

自分でも時々…冷酷すぎる…って思うけど…。

たぶん…これは…あのときの500円事件が原因かもしれない…。

 

今…あのときのことを思い出すたびに…いろんな妄想をする。

ホームルームの議題として『なぜ…田中さんは500円を返してくれないのか…?』

『田中さんにお金を貸すと…絶対にお金は返ってきません。要注意人物です。』

なぁ~んてことを言えば良かった…とか。

交番に駆け込んで…。

『1年6組の田中さんが、お金を返してくれないんです。泥棒です。捕まえて下さい。』

たかが500円…されど500円…たった500円ごときで警察を動かす中学生…。(苦笑)

こんな馬鹿げたことを考えるぐらい…根に持っている…。

今…街で彼女に会ったなら…。

『あのとき貸した…500円返してっ…!!!    利息つけて返してっ…!!!』

絶対に…そう言ってやる…。(←怖すぎる…この人…。笑。)

今の私は…あのときの気弱な私ではないのだから…。

 

理不尽な出来事…。

それは、こんなにも…人の性格と根性を歪めてしまう強烈なものなのだ…。

もしかして…要注意人物は…私なのかも…。(苦笑)