★ドキドキ~Kintonton~ザワザワ★

自分の好きなことに関して…。人生観・教訓的な…。個人的意見をダラダラと書き綴る…。

★★★頼りにならない医者★★★

医者と言っても…スーパードクターから…全く頼りにならない医者まで…ピンキリ。

医者になる為の試験とか…どんな過程があるのか知らないけど…。

なんで…この人が医者になれたのか…謎なときがある。

 

今現在のかかりつけ…小さな町の診療所の先生。

往診時に質問しても…どこか自信なさげでハッキリとした答えが返ってこない。

正直、訪問看護に来てくれる女性のほうが詳しく説明してくれる。

人に説明できるということは、自分が理解してるからだ。

故に、あの診療所の先生は理解してないし…明らかに勉強不足。

 

たとえば、ポートの埋め込みの件で質問すると…。

『あっ、僕は知らないので帰ってネットで調べてから連絡します。』って。

以下、心の声…。

『はぁ~??   ネット…?? 』

『 いやいや…私もネットで調べたけど、簡単なことすぎて載ってないから聞いてん。』

 

他には、風邪をひいたあとデイに行く件で…。

『もう…デイに行ける状態ですかねぇ…??  』って聞くと。

『それは、あなたの判断で決めて下さい。』って。

『いやいや…デイの人に感染したらアカンし、これなら大丈夫って一言が欲しいやん』

って、心の中で突っ込むが、実際は苦笑するしかないという現実。

 

『血圧が200以上あるんですけど…。』

『ハッハッハッ、200以上あっても元気な人は元気やし、低い人でも危ない人はいる。』

なんやねん、親のことが心配で聞いてるのに…大笑いって…。

ネットでは200以上あったら危険って書いてるでっ。(激怒)

 

そして…昨日から高熱…38.8度…。

今日…診察してもらう。

結果…肺炎にもインフルエンザにもかかっていなかった。ただの風邪のようだ。

このときも『喉が痛い…唾を飲み込むのも痛いって…言ってます。』って言うと。

『じゃぁ、お薬だしときます。』って言うだけ。

えっ…??   喉の状態を見ないの…?? 

以前だったら、喉の状態を見て『あ~腫れてますねぇ~薬塗っとくね。』みたいな…。

そのほかにも、首のあたりを触診したり…目の状態を見たり…。

そんな…やりとりがあったのに…今では皆無。

こちらが痛いという説明に対して、それに応じた薬を処方するのみ。

今じゃ、診察と言っても聴診器を当てるだけ…。

あと…解熱剤のことで聞いてみた。

『これは、熱が何度ぐらいで飲めばいいですか…??』

『う~ん、38度ぐらいでもいいし…37.5度ぐらいでもいいし…。』

『37.5度…???   それは飲まなくていいやろっ…!!』って心で突っ込む。

そして、通常は2週間に一度の往診だが…こんなときなので…。

『今回は、今度の往診にも来てくれるんですよね~。』と聞くと。

『来てくれって言われれば行きますけど…。』と不満そうな顔…。

『もう来なくていいわっ。どうせ…あんたなんか来ても意味ないし…。』と心の声。

心の声ばっかりやん。(笑)

 

その帰り…処方箋を持って薬局へ…そこで解熱剤の同じ質問をしてみた。

すると…むっちゃ詳しく説明してくれて…すごく納得できた。

本来なら、菌と戦う為に熱をだしてるから…飲まない方がいいとのこと。

でも、すっごく…しんどそうだったら体力消耗して逆に危険になるらしい…。

特に高齢者なので…。

まっ、私が覚えてる範囲なので言葉が違うかもしれないけど…。

本当はもっと…詳しく教えてくれた。(笑)

 

これぐらいの説明…診療所の先生にもして欲しかったわっ。

あいつ…全然やる気ない医者やなっ。